ものづくりの街である浜松

数々の日本初や日本一の技術や製品を創出

静岡県西部にある浜松市はものづくりの街です。
やらまいか精神が根付く地域であり、この精神に基づいて果敢にチャレンジし、何事もまずはやってみようと取り組んだ結果、スズキ、ヤマハ、ホンダ、カワイ、浜松ホトニクス、ローランド、エフ・シー・シーなど、世界で活躍する大企業が生まれています。
やらまいか精神とは、何事にも果敢に挑戦してみよう、何事もまずはやってみようという気質を表す言葉であり、やらまいか精神によってものを作り出すということに取り組んできた結果として、数々の日本初や日本一の技術や製品を創出しています。
その結果、世界を舞台に活躍する大企業や、高度なオンリーワンやナンバーワンの技術を持つ中小企業やベンチャー企業が多数生まれました。
ものづくりの歴史は古く、江戸時代の綿織物や製材などから始まった産業が今日の輸送用機器や楽器、光・電子技術など、多種多彩な産業へと繋がっています。
日本初の軽自動車が誕生したのも、日本初の国産オートバイが誕生したのも、日本初の国産ピアノが誕生したのも浜松市です。
日本初の電子式テレビの誕生にも貢献していますし、日本初の木工機械も誕生しています。
日本初の写真フィルムや日本初の国産旅客機、日本初の国産アルミホイールや日本初の国産丸ノコギリもこの地で生まれました。

春休みにどこに行こうか悩んでるパパママ👪にオススメ‼

スズキ歴史館でワクワクしながらもの作り🌠

■スズキ歴史館 こどもイベント「春休み わくわくものづくり2018」[浜松市南区]|アットエス https://t.co/lHkvfOZK7T
#アットエス #静岡 #おでかけ #イベント #shizuoka

— 静岡イベント|アットエス (@event_ats) 2018年3月14日

数々の日本初や日本一の技術や製品を創出 : ものづくりの街となったルーツは江戸時代 : やらまいか精神によるチャレンジと技術力

浜松 ものづくり | 浜松ホトニクス