ものづくりの街である浜松

ものづくりの街となったルーツは江戸時代

浜松 ものづくり / 浜松ホトニクス

数々の日本初や日本一の技術や製品を創出 : ものづくりの街となったルーツは江戸時代 : やらまいか精神によるチャレンジと技術力

江戸時代に培われた織物や製材、木工加工産業といったものが基礎となり、現在に繋がっています。
様々な機械を開発した発明家や事業を起こす起業家が相次いで誕生したことにより発展してきました。
盛んに行われていた織物が自動織機へと発展し、製材が発展して木工機械へと産業は進化していきます。
戦後はエンジン付きの自転車がオートバイへと進化していき、さらに四輪の自動車となっていき産業は発展してきました。
自動織機や木工機械、オートバイや自動車といった産業を支えるためにNC工作機械や金属製品といった周辺の技術も高度になっていき、さらに発展しています。
腕のよい職人や高度な技術を持つ技術者により進化してきました。
有名な大企業を輩出しただけではなく、しっかりとした技術を持った人々が良い物を作る事によって発展してきた街です。
その進化は止まってしまったわけではありません。
そして、このようにものづくりの街となったルーツは江戸時代にまでさかのぼります。
これまでに蓄積されてきた技術を活用して最先端の光技術を結び付けて、これまでにない新たな製品を生み出そうという新しいプロジェクトが進められているなど更なる進化を目指しています。